自己紹介

自分の写真
芸術家。ミュージシャンの両親のもとに生まれる。twitter : @kohpon999 慶應義塾大学総合政策学部 坂井直樹研究会所属。ブランディングを学ぶ。研究:ソフトパワー戦略、ノマドライフスタイル実践、エンタテイメントとソーシャルイノベーション。在学中に電通・博報堂主催 MIRAI DESIGN AWARD2030受賞、それをきっかけに情報ブランド "NOMAD TV"を創設。Mckinsey & Company主催 Mckinsey School Of Leadership合格、1期生。2012年は、非定住のまま、アーティスト修行中。>>more.

2011年11月30日水曜日

クレイジーな子供達:柳明菜(映画監督)




NOMAD JAPANに出演して頂く、柳明菜さん @akinayanagi

http://kohnakagawa.com/nomad

柳明菜、彼女のことを知るのに最も適した動画がある。




これはTEDに彼女が出演した時のものだ。
物語調に、彼女の半生が、彼女の絵と言葉で語られている。
僕の説明よりも、彼女自身を見てもらうのが一番早い。



僕が柳明菜という名前を聞いたのは、
4年前、SFCに入学した直後だった。

彼女の妹であった柳裕美と同級生であった僕は、
裕美の言う「お姉ちゃんと映画つくったんだ」という言葉を
飲み込めずにいた。

映画、と聞いた時にぱっと思い浮かんだのは
学生の自主制作映画のイメージ。

しかし、裕美の持っている宣伝用ポスターは
その想像をはるかに超えたクオリティで、
主演である柳裕美は映画の舞台である八丈島のイメージに
ぴったりあてはまるアートディレクションでそこにいた。
そして、テーマ曲をサンプラザ中野くんが歌っていると言う。
だが、何か大きな企業がバックについているわけでもなければ、
彼女にとって、これが映画の処女作だと言う。

一体どういうことだ…。

友人である裕美に誘われるまま、映画の試写会に行ったら、
そこにはこれもまた予想をはるかに超えたものが
映像、音楽、次々に心に突き刺さっていった。
上京したて1年生の僕は、何が起きているのかさっぱりなまま、
テレビ局の取材を受けるSFCの先輩であった柳明菜さんが、
憧れの先輩として、すっかり心に焼き付いてしまった。



その予告編がこれだ。


僕と彼女には1つ、大きな共通点がある。
それは、井上英之、という師の存在だ。

彼は、慶應義塾大学SFCの専任講師として研究会を持ち、
ソーシャルイノベーションについて教えていた。
「世界を変えよう」その言葉を合言葉に、
柳明菜さんを教え、そして僕の1年生からの先生でもあった。

彼の言葉に突き動かされ、「映画を撮る」と決心した後、
明菜さんは最初はひとりで、その活動を始めたという。
その情熱、信念で、挫折もありながらも、次々に人を巻き込み、
結果、有言実行を貫いたのである。

アメリカの高校在学中の2001年に短編映画で
バッカフィルムフェスティバルのオハイオ州優秀賞を受賞。
同年に帰国後、テレビ番組 「ASAYAN」の
「女流カメラマンオーディション」グランプリを受賞し、
写真家としての活動を開始するなど、若き頃から活躍している明菜さん。

彼女の、信念のもと、リスクをいとわず飛び回り、
情報を取捨選択しインプットして、
新しい価値観を創造性を発揮して提示し、
ビジョンの実現に邁進する姿は、
僕の信じるノマドそのものです。

定住しているかしていなかは、
僕はノマドの定義には全く関係がないと思っています。

むしろ、思想やスタンス、信念の鋭さが、赤坂俊介然り、
世界を変えるノマドとして、ご出演をお願いをするきっかけとなりました。


今日はどんなことが聞けるのか、いまから楽しみです。


- -




 「NOMAD JAPAN - ノマドは世界を変えるのか -」
 クレイジーな大人×クレイジーな子供による 世界を動かすノマドカンファレンス

 ■ 放送日時:2011年11月30日(水) 18:00~20:00
 ■ 公式サイト:http://kohnakagawa.com/nomad
 ■ Ustサイト: http://www.ustream.tv/channel/nomad-tv2
 ■ 公式twitter:http://twitter.com/NOMAD_TV

 ■ 登壇者:坂井直樹氏、増田寛也氏、村上敬亮氏、
      赤坂俊介氏、金聖源氏、玉置沙由里氏、柳明菜氏

 ■ 司会者:仲川孔望、高橋万里菜

0 件のコメント:

コメントを投稿