自己紹介

自分の写真
芸術家。ミュージシャンの両親のもとに生まれる。twitter : @kohpon999 慶應義塾大学総合政策学部 坂井直樹研究会所属。ブランディングを学ぶ。研究:ソフトパワー戦略、ノマドライフスタイル実践、エンタテイメントとソーシャルイノベーション。在学中に電通・博報堂主催 MIRAI DESIGN AWARD2030受賞、それをきっかけに情報ブランド "NOMAD TV"を創設。Mckinsey & Company主催 Mckinsey School Of Leadership合格、1期生。2012年は、非定住のまま、アーティスト修行中。>>more.

2012年1月21日土曜日

MIRAI DESIGN LAB. 最終発表会:WHAT IS NOMAD → THIS IS NOMAD



メンターである、博報堂 立谷さん、電通 金さん、古川さん、お世話になりました!
そして、きっとこれからもお世話になります。

先日、”NOMADパスポート NOMAPO”で賞を受賞し、所属することになった
MIRAI DESIGN LAB.の、一応の、最終発表会がありました。


WHAT IS NOMAD? → THIS IS NOMAD.

家に住んでちゃまずい、と思った2009年。
そして、今。

僕の中での最も大きな変化は、
ノマドって何だ、から、ノマドとはこうである、
という定義を持ち始めたことです。

もともとNOMAD TVを始めた当初、
チーム内でノマドとは?という議論をしていて、
電通の眺めの良い会議室で毎回えらく盛り上がっていました。

それをそのままコンテンツにすれば良いのではないかと考え、
討論会という形式で、Ustream番組を配信。
結果、ノマドというキーワードに多くの人が興味を持ち、
1万人を超える視聴者の方々に見て頂くことが出来ました。

ただ、流行すると、なぜか批判が生まれ、
ノマドのこれが正しいだの、悪いだの、そうだの違うだの、
言葉だけで停止したやりとりが生まれます。

僕はそのたぐいのものにはほとんど意義を感じないので、
次の段階にいかなければ、と決意あらたにする機会でもありました。

和田浩子さんの助言もあり、僕の1000日間の体験はもちろん、
今までの議論やインタビュー、NOMAD TVの情報から
これがノマドだという定義、
「THIS IS NOMAD.」 を年末から作り始めました。


人の歴史を先に先に進めていく


今はっきりとしていることは3つあります。

1つは、フランスの才人ジャック・アタリをはじめ、極めて感度の高い人々が、
NOMAD は世界を変える存在だと、予想しています。

2つ目は、ノマドという言葉は今、ひどくふわふわと宙に浮いています。
それは、日本で定着する定義次第で、
重要キーワードの効用が大きく変わってくるということです。
しかし、言葉だけが流行するとなぜか否定が生まれ、
言葉で停止した議論が生まれているのが現状なのです。

3つ目は、日本はノマド云々関係無しに、結構ヤバイということです。

ならば、「ノマド」がポジティブにレバレッジを効かせ働き、
日本としても、そして人の歴史を未来に進めていく上でも貢献するよう
マネジメントしていくこと、それが重要だと僕は考えます。

NOMAD TVの今後の役割はそこにあり、それをより加速化させ、
密度と精度を上げていくことに、ミッションがあります。


1000日家を無くした責任


今日で卒業制作も一段落、時間ができます。
僕は、タイミング良く1000日間という長期間非定住の生活をし、
このようなMIRAI DESGN AWARD2030といった名誉ある賞を頂きました。

機会には責任があります。
ノマドという生き方について、本当に多くの人からの意見を頂き、
自身の経験としても、家を無くして見えたことは多々あります。
それを、何かしら明確な形にすることが、僕の次の挑戦です。

今までは、はっきり言って、自分が好きに生きられればそれでよく、
そうして始めた生き方でした。
定義とか、そんなことどうでも良いと思ってました。
ですが、今日を機に、
ノマドについて積極的に書いていこうと思います。



正直、MIRAI DESIGN LAB.での最終発表が自分の中でひどく消化不良だったので、
とてもムラムラしています。

何にせよ、震災当日に受賞を知ったMIRAI DESIGN LAB.
紆余曲折を経て、最終発表会を無事迎えることが出来ました。

お世話になって皆様、本当にありがとうございました!



仲川孔望

2011年11月30日水曜日

クレイジーな子供達:柳明菜(映画監督)




NOMAD JAPANに出演して頂く、柳明菜さん @akinayanagi

http://kohnakagawa.com/nomad

柳明菜、彼女のことを知るのに最も適した動画がある。




これはTEDに彼女が出演した時のものだ。
物語調に、彼女の半生が、彼女の絵と言葉で語られている。
僕の説明よりも、彼女自身を見てもらうのが一番早い。



僕が柳明菜という名前を聞いたのは、
4年前、SFCに入学した直後だった。

彼女の妹であった柳裕美と同級生であった僕は、
裕美の言う「お姉ちゃんと映画つくったんだ」という言葉を
飲み込めずにいた。

映画、と聞いた時にぱっと思い浮かんだのは
学生の自主制作映画のイメージ。

しかし、裕美の持っている宣伝用ポスターは
その想像をはるかに超えたクオリティで、
主演である柳裕美は映画の舞台である八丈島のイメージに
ぴったりあてはまるアートディレクションでそこにいた。
そして、テーマ曲をサンプラザ中野くんが歌っていると言う。
だが、何か大きな企業がバックについているわけでもなければ、
彼女にとって、これが映画の処女作だと言う。

一体どういうことだ…。

友人である裕美に誘われるまま、映画の試写会に行ったら、
そこにはこれもまた予想をはるかに超えたものが
映像、音楽、次々に心に突き刺さっていった。
上京したて1年生の僕は、何が起きているのかさっぱりなまま、
テレビ局の取材を受けるSFCの先輩であった柳明菜さんが、
憧れの先輩として、すっかり心に焼き付いてしまった。



その予告編がこれだ。


僕と彼女には1つ、大きな共通点がある。
それは、井上英之、という師の存在だ。

彼は、慶應義塾大学SFCの専任講師として研究会を持ち、
ソーシャルイノベーションについて教えていた。
「世界を変えよう」その言葉を合言葉に、
柳明菜さんを教え、そして僕の1年生からの先生でもあった。

彼の言葉に突き動かされ、「映画を撮る」と決心した後、
明菜さんは最初はひとりで、その活動を始めたという。
その情熱、信念で、挫折もありながらも、次々に人を巻き込み、
結果、有言実行を貫いたのである。

アメリカの高校在学中の2001年に短編映画で
バッカフィルムフェスティバルのオハイオ州優秀賞を受賞。
同年に帰国後、テレビ番組 「ASAYAN」の
「女流カメラマンオーディション」グランプリを受賞し、
写真家としての活動を開始するなど、若き頃から活躍している明菜さん。

彼女の、信念のもと、リスクをいとわず飛び回り、
情報を取捨選択しインプットして、
新しい価値観を創造性を発揮して提示し、
ビジョンの実現に邁進する姿は、
僕の信じるノマドそのものです。

定住しているかしていなかは、
僕はノマドの定義には全く関係がないと思っています。

むしろ、思想やスタンス、信念の鋭さが、赤坂俊介然り、
世界を変えるノマドとして、ご出演をお願いをするきっかけとなりました。


今日はどんなことが聞けるのか、いまから楽しみです。


- -




 「NOMAD JAPAN - ノマドは世界を変えるのか -」
 クレイジーな大人×クレイジーな子供による 世界を動かすノマドカンファレンス

 ■ 放送日時:2011年11月30日(水) 18:00~20:00
 ■ 公式サイト:http://kohnakagawa.com/nomad
 ■ Ustサイト: http://www.ustream.tv/channel/nomad-tv2
 ■ 公式twitter:http://twitter.com/NOMAD_TV

 ■ 登壇者:坂井直樹氏、増田寛也氏、村上敬亮氏、
      赤坂俊介氏、金聖源氏、玉置沙由里氏、柳明菜氏

 ■ 司会者:仲川孔望、高橋万里菜

クレイジーな子供達:赤坂俊介(映楽人)



本日30日18:00〜配信のNOMAD JAPAN出演者であり、
僕の友人でもある赤坂俊介 @pon48
彼は自分のことを映楽人と名乗っている。

http://kohnakagawa.com/nomad

彼が本気でカメラを構えている姿は、
ミュージシャンである松任谷由実さんを撮影しているときのものだ。



(左から、三木健司、高橋万里菜、仲川孔望、赤坂俊介)


彼は現在大学生にしながら、映像やカメラ、
様々な表現活動に従事している。

現在、彼の撮影した東日本大震災とリビア紛争の写真が
かの有名なピュリーツァー賞に5点ノミネートされているのだと言う。

 * ピューリッツァー賞(ピューリッツァーしょう、Pulitzer Prize)は、新聞等の印刷報道、文学、作曲に与えられる米国で最も権威ある賞である。コロンビア大学ジャーナリズム大学院が、同賞の運営を行っている。(wikipedia)

ピュリーツァー賞に日本人がノミネートされるのは13年ぶり、
もし受賞したとしたならば、43年ぶりとのこと。

彼は、好奇心の赴くままに、
自分の撮りたいものを撮りに行く。
それが決して命を危険に晒すものであったとしても。
彼は僕と会った数日後に、戦場のリビアに旅立ったのである。


彼の活動は報道写真だけではない。
現在国民的アイドルと名高いAKB48をはじめとする
ミュージックビデオの撮影にも従事している。


「10年桜」(AKB48)




「大声ダイヤモンド」(AKB48)




彼のことを知らない時に、
AKB48のミュージックビデオのカメラワークについて、
面白いと話していたことを思い出す。
その映像こそ、彼が撮ったものだと聞いた時は、
世の中も狭いなあと驚いた。


加えて、彼は撮影だけの人間ではない。
企画、演出、撮影、美術デザインなど、
総合プロデュースを手がけた作品も存在する。

「LOVE」(PLΛTINUM)




今後の赤坂俊介はどこに向かうのか。

「これからは、自分1人ではなく、
領域を横断したクリエイターと共にオリジナル作品を創っていきたい。」

そう語る彼は、ジャック・アタリの言うような
サーカス型企業のようなスタンスでプロジェクトを立ち上げ、
作品つくりに励んでいる。


「耳の聞えない人に音を映像で伝える」
「テロに代わる表現を映像でつくる」


この2つは、彼に、目標は何か、と聞いた時に返ってきた答えだ。

彼は、その目標を胸に、移動することをいとわず、
時に被災地へ、時に海外へ、その時に撮りたいものを撮りに、
自分を必要とするところへと飛び回っている。

現場で培われた技術を持ちながら、
twitterやfacebookを有効活用してネットワークを築き、
最も自分がベストだと思うチームを編成する。

そして、新しいことが好きで、好奇心も旺盛、
彼の夢への情熱は留まるところを知らない。

そんな彼が次に手がけようとしているプロジェクトはこれだ。


「虚構の街」




"世界中の素敵な貴方の街の風景を、貴方の写真で型撮り、
それを繋ぎ合わせて、一つの虚像の街を創ってみませんか?
僕らがいる素晴らしい世界で、
僕らの素敵な虚像の街を表現してくれるチームを制作中です。
興味がある方はリプライをください。"

とのことである。 @pon48


さて、今日はどんな話をしてくれるのやら。



- -




 「NOMAD JAPAN - ノマドは世界を変えるのか -」
 クレイジーな大人×クレイジーな子供による 世界を動かすノマドカンファレンス

 ■ 放送日時:2011年11月30日(水) 18:00~20:00
 ■ 公式サイト:http://kohnakagawa.com/nomad
 ■ Ustサイト: http://www.ustream.tv/channel/nomad-tv2
 ■ 公式twitter:http://twitter.com/NOMAD_TV

 ■ 登壇者:坂井直樹氏、増田寛也氏、村上敬亮氏、
      赤坂俊介氏、金聖源氏、玉置沙由里氏、柳明菜氏

 ■ 司会者:仲川孔望、高橋万里菜

2011年11月27日日曜日

鋭い自己実現欲求のもと、この複雑化した世界を戦略的に生き抜く術こそノマドではないだろうか。





 一体ノマドとは何なのか。

 今日、ノマドブームを経て、
 ノマドが様々な角度から語られることが増えた。
 しかし、1000日間の非定住というライフスタイルの中、
 常にノマドについて考えていたが、
 僕も未だ明確な答えを見つけ出せずにいる。

 しかし、はっきりとしているのは、
 ノマドは存在ではなく手段、ライフスタイルであるということだ。

 なので、「ノマドが増えている」、と言うのは違和感があり、
 「ノマドをする」、と言うイメージの方が近い。
 したがって、ノマド=定住していない、という考えもまた違う。
 それは実際にやってみて感じたことなのだが、
 "ただ定住しないこと"には、何のノマド的な意味はない。


 今回、NOMAD TVを主催するにあたり、
 MIRAI DESIGN LAB.の趣旨である
 2030年、というキーワードをもとに、
 世界を変えるノマドとは何か、という定義を以下のようにした。 



 世界を変えるノマドとは、
 
 1. 情熱や夢を原動力に仕事を選択し、それに必要な 
 2. 情報を得るために土地を遊牧民のごとく
 3. 移動しながら、一定の組織等に行動を縛られず独自の
 4. 創造性を発揮する存在 である。


 最も重要なことは、
 世界を変えるノマドは、自分が"やりたいこと"を知っている。
 その上で、ノマドという手段を活用しているのである。

 ただ、情報を得るために遊牧民のように移動しているのではない。
 ただ、自由を持ち、組織に依存せず生きてるわけでもない。
 ただ、創造性という才覚を持ち、それを発揮しているわけでもない。

 命という機会、それを最大化するべく、
 自分にとっての"出来る"ではなく、"やりたい"を強く持ち、
 鋭い自己実現欲求のもと、
 この複雑化した世界を戦略的に生き抜く術こそ、
 "ノマド"と呼べるのではないだろうか。
 


 引用元:http://www.studio-no9.com/sb/sb.cgi?eid=216

 僕がそもそも定住をやめたのは、
 自分の欲求にバグを起こしたかったからだ。
 心理学者のマズローいわく、
 自己実現欲求とはあらゆる欲求の中、
 最も高いところに位置するそうだ。

 僕は、生理的欲求や安全欲求が損なわれた状態において、
 自己実現欲求を持ち続けられたとしたならば、
 それは更に強固なものとなると仮説を立てた。

 その実験には2つの意図があって、
 1つは単純に自己実現欲を鋭くしたいという衝動、
 もう1つは、この混沌とした時代の中、
 十分に根底の欲求が満たされない可能性があると
 考えたからである。
 いざその時が来ても大丈夫なように、
 トレーニングをしておけば、いらないリスク回避になる。
 
 一体ノマドとは何なのか。
 僕にとってのノマドとは、こういうものなのかもしれない。
 常にトライ&エラーで、自己実現するために適した、
 それでいて飽きのこない刺激的な生き方を探している。









 「NOMAD JAPAN - ノマドは世界を変えるのか -」
 クレイジーな大人×クレイジーな子供による 世界を動かすノマドカンファレンス

 ■ 放送日時:2011年11月30日(水) 18:00~20:00
 ■ 公式サイト:http://kohnakagawa.com/nomad
 ■ Ustサイト: http://www.ustream.tv/channel/nomad-tv2
 ■ 公式twitter:http://twitter.com/NOMAD_TV

 ■ 登壇者:坂井直樹氏、増田寛也氏、村上敬亮氏、
      赤坂俊介氏、玉置沙由里氏、柳明菜氏

 ■ 司会者:仲川孔望、高橋万里菜

ノマドは世界を変えるのか?





 定住しない生活をはじめて早1000日もの月日が経とうとしている。

 2009年6月には
 ここまでノマドという言葉が流行するとは思っていなかったが、
 日経にデカデカとノマドという言葉が踊った時には、
 なるほど世の中はやはりそちらに向かったかと、
 あの日の決断が少しばかり肯定された気がした。

 「ノマドは世界を変えるのか」

 これが最近の僕の興味だ。
 ノマド、というライフスタイルは、
 世界を変える可能性にあふれたものなのか、
 それとも究極なる自由の象徴なのか。

 前回の記事で、"ノマドは起業の様なものだ"と定義して以来、
 多くの人が納得しやすく、ノマドを説明することが楽になった。

 それと同時に、

 ノマドはこの情報爆発時代である現代社会において、
 何かを成し遂げるための"超有効的手段"として
 機能するものだ


 と確信してきている。
 
 そして、それを、日本国内において概念を発信することは、
 意義のあることだと信じている。




 電通と博報堂が主催する、MIRAI DESIGN AWARD 2030を
 ノマドパスポートというアイデアで受賞したことをきっかけに、
 NOMAD TV というテレビ局を立ち上げ、NOMAD JAPANという、
 クレイジーな大人×クレイジーな子供の大討論会を開催することになりました。

 ノマド思考を持つ人々を集め、カンファンレンスを開催し、Ustreamで生配信します。

 今日から、その経緯やそれに際して考えたこと、NOMAD JAPAN出演者の紹介などを
 随時、更新していきます。





 「NOMAD JAPAN - ノマドは世界を変えるのか -」
 クレイジーな大人×クレイジーな子供による 世界を動かすノマドカンファレンス

 ■ 放送日時:2011年11月30日(水) 18:00~20:00
 ■ 公式サイト:http://kohnakagawa.com/nomad
 ■ Ustサイト: http://www.ustream.tv/channel/nomad-tv2
 ■ 公式twitter:http://twitter.com/NOMAD_TV

 ■ 登壇者:坂井直樹氏、増田寛也氏、村上敬亮氏、
      赤坂俊介氏、玉置沙由里氏、柳明菜氏

 ■ 司会者:仲川孔望、高橋万里菜

2011年7月7日木曜日

ノマドは起業のようなもので、目標達成のための手段でしかない





いつの間にやら家を無くして2年が経過していたのでブログのタイトルを変えた。
早いもので、ノマドをはじめて、もうすぐ800日目になる。

さて、長らくブログを更新していなかったけれど、
それにはちょっとした理由があって、
それは"ノマド"というものに対する悩みだったりした。

僕は、ノマドという言葉が流行る前に、
ノマドです、家が700日無いです、と自己紹介することで、
ノマドとして認知されたり、
ノマドというキーワードについて人並み以上に詳しかったり、
自分のキーワードとしてノマドを掲げていたりした。
けれども、正直なところ、ずっとそれに違和感を覚えていた。

僕なんかより、ノマドらしい生活をグローバルに展開している人はいるし、
家の無い生活も700日もたつとなんの特別性もない日常。
色々こじつけて記事を書くことは出来るけれども、
なんだか本質からズレていっている気がしてならなくて、
そのうち面白くなくなってブログの更新をやめた。

でも、最近ノマドという言葉に答えを見つけることができた。


ノマドは起業のようなもので、目標達成のための手段でしかない。


これが僕の800日間家を無くして見えたノマド論だ。

インターネットが普及して以来、情報量は実に400倍にも膨れ上がったという。
それが、僕達の生きる時代なのであれば、
そんな情報爆発社会を泳ぎきるようなライフスタイルが必要だ。

しかし、それは手段でしかない。
ノマドになることが目標になっては、起業が目標という奇妙な言葉と同じで、
なぜ、ノマドのようなライフスタイルをとるのかという理由が重要だ。

ノマドになることによって、たしかに世界は変わる。
だから、起業を推進する政策が生まれるのと同じように、
日本をノマド先進国にするための政策が生まれても良い。
ノマドは、時代性に合った、論理的な選択であって、
彼らがクリエイティブクラスとなって経済に貢献する未来は目に見えている。


日本をノマド先進国にするためのブログ。


これが、本ブログのこれからの目標だ。
いかに日本にノマドを増やすか。
800日の経験と、そのための活動を通して、実現していきたい。

2011年4月20日水曜日

Looops.TV にノマドSFC生として出演

ユーストリームスタジオ恵比寿 にて、
ノマドSFC生として Looops.TV にアフタートークで出演してきました。




最後の30分のアフタートークで出演しています。
ノマドライフについて、ここまで詳しく話したのは初めてです。

結構好き勝手話したのですが、思いの外評判だったので、よかった。


松村太郎さんと、玉置沙由里さんに支えて頂きました。
ありがとうございました!